企業の「反転学習」は4ステップで実践(9)-質疑応答


目次ページへ

質疑応答

[三木]
さて、いろいろお話を頂きましたが、質疑応答のお時間を頂こうと思います。

質問:
コンサルしているうえでよくあるご質問は?

回答:
よくいただく一番の悩みは、やはり「実践」をどうやって実践させるか、です。

eラーニングそのものは、昔よくあったのが受講率をどう上げたらいいかという話ですが、集合研修とセットになるとおのずと受講率は上がってきます。やらないと演習ができないという。それでもやってこない人がいると非常に厄介で、集合研修が成り立たないというリスクがありますので、事前に課題を提出させるとかの工夫も必要かもしれないですね。

[三木]
みんな忙しいですからね。教材のつくり方とか、扱いやすい教材を用意してあげるとか、モバイル端末でできるとか、工夫が常に必要かもしれないですね。

eラーニング専用サイト/ 動画ラーニングチャンネル

54-19[三木]
コンサルソーシング様では、【 eラーニング専用サイト 】【 動画ラーニングチャンネル 】をオープンされているそうです。

[松井]
【 動画ラーニングチャンネル 】はYouTubeで公開しています。私どもが作ったeラーニングをベースとして、ポイントとなるところを知っていただきたいということで広く公開しています。人気なのが、5SとTPSとQCですね。
http://www.youtube.com/consultsourcing

【 eラーニング専用サイト 】でも受講体験ができます。10講座ほど、実践編、基本編なんかが載っていますので、興味のある方は見てみてください。
http://www.eworkshop.consultsourcing.jp/

[三木]
松井社長、どうもありがとうございました。

つづく( 次の記事へ目次ページへ

高濱洋子

「仕事と成長のよい循環」に関心があります。企業向けITインストラクターを経験後、テクニカルライティング(業務・システムマニュアル)、企業向けeラーニングの制作、導入に携わる。現在はロゴスウェア株式会社勤務。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です