SCORMとは


SCORM(スコーム)とは

SCORM(スコーム)とは、Sharable Content Object Reference Model の略。

アメリカの標準化団体ADL (Advanced Distributed Learning Initiative) によって制定されたeラーニングで使用される標準規格のことです。

日本では、特定非営利活動法人 日本イーラーニングコンソシアム(略称eLC)によって推進されています。

共通の標準規格を設けることで、次のような点でeラーニングコンテンツが広く流通することを目的としています。

  • 耐久性
    システムやソフトウェアのバージョンアップなどでも修正の必要がない
  • 相互運用性
    多くの OS や Web ブラウザなどで学習が可能になる
  • アクセス可能性
    必要なときに学習教材が検索できる
  • 再利用性
    既存のコンテンツを容易に再利用して新規コンテンツの作成が可能になる

eラーニングの学習管理の仕組みとして、学習コンテンツの履修や理解度テストの結果などのログを教材コンテンツから学習管理システム(LMS)間で送受信する必要があります。

この通信規定を固有のものに設定してしまうと、この教材コンテンツは別のLMSで使うことができなくなります。

そこで、各教材に共通の機能と、固有の機能を分離することでこの問題を解決しました。

教材コンテンツとLMS間のインターフェイスや受送信形式を規定したSCORMに準拠することで、異なるLMSでも教材が利用できるようになります。

ロゴスウェアのSCORM準拠コンテンツとLMS

学習管理システム(LMS)

LOGOSWARE Platon

詳細はこちら

SCORMに準拠したコンテンツの作成ソフト

SCORMに準拠したコンテンツの制作サービス