コンプライアンス教育とは


コンプライアンス教育とは

コンプライアンス(compliance)は法令遵守と訳され、コンプライアンス教育は主に企業、団体、組織において法律や条例などのルールを遵守するための教育、また各組織の社内規定やリスクマネジメントも含めた教育を指します。

企業が法律を守ることは当然のことですが、単に法律を守ればよい、という解釈だけでなく、社会的規範や企業のモラルが求められていると捉えることができます。企業の社会的責任=CRS(corporate social responsibility)の一環として企業が取り組む活動のひとつです。

コンプライアンス教育においては、すべての社員、従業員が同じ認識のもと活動を行うことが求められるため、あらゆる企業、団体、組織においてコンプライアンス対策が求められています。

コンプライアンス教育の実施方法

社員に限らず、バイトも含めたすべてのスタッフに必要となるのがコンプライアンス教育です。

一般的には入社後、集合研修で実施される場合が多いようですが、全国に展開する組織や各拠点に従業員がいる場合には物理的に集まることが難しい場合もあります。

昨今では、eラーニングでコンプライアンス教育を実施する企業も増えています。パソコンやモバイルで学習するeラーニングの利点を最大に活用して入社前にあらかじめ学習することも可能になります。

ロゴスウェアのコンプライアンス教育支援製品

体系的なカリキュラム型学習向け

LOGOSWARE Platon

詳細はこちら

単発的なスポット型学習向け

LOGOSWARE Spotty

詳細はこちら